中古車の詳細などお気軽にご相談くださいFREE DIAL.0120-408-911

☆NEW☆モデルカー☆ポルシェ906 カレラ6

みなさま こんにちは!
ポルシェセンター湘南ですヾ ^_^♪
今日は気温が25℃とポカポカ陽気になりましたね!
近所の辻堂海浜公園では秋のお祭りが開催されていて、ショールームの前を子供たちがたくさん歩いています♪
さて、ポルシェセンター湘南に新しいモデルカーが入荷しましたのでご紹介いたします!!
ポルシェ906 カレラ6 『1965年』
ポルシェ906(Porsche 906 )は、FIA規定のグループ4に合わせて作られ、
1966年にデビューしたレーシングカーである。別称カレラ6(Carrera 6 )。
全FRP製のボディは、904同様フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェがデザインしたと
云われるが、実際には関与していない。
ルーフは寸法規定の緩和により幅の狭い丸みを帯びた形状となり、大型ウィンドシールドと
跳ね上げ式のガルウィングドアを採用した。
フロント部分はボンネットの高さを抑え、フェンダーのアーチを強調するデザインとなった。
ル・マン24時間レース出場車はユノディエールの直線で最高速を伸ばすためノーズを延長し、リアオーバーハングを500mm以上延長したロングテールを採用した。高速サーキット用のロングテールは後継モデルでも定番となった。
ジョー・シフェールが乗るポルシェ・906(1966年ニュルブルクリンク1000kmレース)
日本にはプライベーター用に3台が輸入され、各種のスポーツカーレースに出場した。
日本グランプリでは国産のプリンスR380(1967年は日産R380)と熱戦を展開した。
1966年の第3回日本GPでは滝進太郎が一時トップを走行するも、燃料補給のピットインで
R380に逆転された(結果はリタイア)。
1967年の第4回日本GPでは生沢徹と酒井正が906同士のトップ争いを演じ、
生沢が優勝した。
¥23,100
皆様のご来場をお待ち致しております(^o^)/

スタッフブログ
Staff Blog

アーカイブ


ページトップへ戻る
Porsche Center Yokohama Aoba Pre-owned Car Center TEL.045-910-6638 FAX.045-910-6637